クロスドッキング向けの仕分けソリューション

//最大限の効率化

 

多くのメーカーにとって、よりスリムで効率的なサプライチェーンを追求することは当然のことですが、そこに至るまでの道のりは常に変化しています。複雑なネットワークを介して商品注文を迅速に処理する必要性が高まり、クロスドッキングの使用が増加しています。トラックや鉄道車両から商品が降ろされ、仕分けされ、そのまま出荷用のトラックや鉄道車両に積み替えられる場合、その仕分け作業をどのように効率的に管理していますか?

Contact Us Button
Save Time and Money icon

// 時間と費用の節約はここから始まる

 

クロスドッキングの利点は、同じ目的地に向かう商品に対応できること、また、大きな貨物を簡単に小分けして配送できることです。

クロスドッキングでのパッケージの仕分けを自動化できるかどうかは重要なポイントです。 仕分けプロセスに適切な自動化を使用することで、コストを削減し、商品の倉庫への出し入れをなくし、注文フルフィルメントの時間を短縮し、期限内での注文配送率を向上させることができます。

// クロスドッキングの必要性を判断するためのクイックガイド

 

クロスドッキングに関しては、商業的に理にかなうかどうかを左右する損益分岐点があります。損益分岐点はクライアントごとに異なりますが、損益分岐点の計算に必要な情報はごく標準的なものです。

  • 固有のSKUの総数
  • 各SKUの総量と速度
  • 入荷サプライヤーの総数
  • 出荷先の総数
  • 入荷と出荷に関連するプロファイルとパターン
  • 高速SKUと低速SKUの分布
  • サポートする情報システムの可用性
  • 低コスト輸送ネットワークへのアクセス
  • 施設費
  • 人件費
  • SKUのハンドリングプロファイル(形状、壊れやすい、高価値など)

これらすべての情報を方程式に織り込んで「仕分けされたユニットあたりのコスト」を算出すると、社内でのクロスドッキング作業の構築に投資する必要があるのか、クロスドッキング機能を提供するサードパーティパートナーとの機会を探る必要があるのか、あるいは現状を維持すべきかといった決定をすることができます。

// 自動化による納期短縮と顧客体験の向上

 

OPEX®のロボット仕分けシステムであるSure Sort® は、入荷した在庫を複数のフルフィルメントセンターに輸送するような従来のクロスドッキングに加えて、店舗の裏側で行う店舗フルフィルメントにも使用することができます。購買行動の変化に伴い、小売業者は既存の店舗を活用して、オンラインや非接触型ピックアップの注文に対応しています。 多くの場合、商品が店頭に並ぶまでには、何度も手に取って確認する必要があります。Sure Sort仕分けシステムは、入荷した商品を小売店レベル、さらには店舗内の特定の通路の位置まで仕分けることができます。 このプロセスを自動化することで、作業員は入荷した商品をより早く、より簡単に荷降ろしし、商品を通路や棚に並べることができます。 商品の補充は半分の時間で行うことができ、店舗の従業員の生産性を最大限に高め、全体的な顧客体験を向上させることができます。

eCommerce Fulfillment Case Study Icon

OPEXは困難な課題を解決する

事例研究を見る >>

Sure Sort eCommerce order sorter

// Sure Sort®は会社とともに成長

 

Sure Sort®は、ビジネスに合わせて拡張できる低コストのソリューションです。市場に出回っている他のソリューションとは異なり、Sure Sortはその柔軟性、スピード、正確性により、企業がサプライチェーンの課題に取り組む方法を変えてきました。 独自の設計により、Sure Sortは、小規模な小売店の在庫バックルームから大規模な流通センターのドックまで、また既存のブラウンフィールド施設や新しいグリーンフィールド施設まで、小さな設置面積に収めることができます。 Sure Sortがなければ、手作業で6〜8枚のウォールを設置しなければならず、多くの手間がかかってしまいます。Sure Sortは、業務を中断することなく迅速に導入でき、WMSにも簡単に統合できます。

OPEXでは、当社の専門家が、運用目標を達成するために、最も適切で費用対効果の高いSure Sort®の構成を決定するお手伝いをいたします。今すぐお問い合わせください。

Contact Us Button

お問い合わせ

リソース